loading

languages

深山荘高見屋

四季折々、自然の豊かな表情に抱かれた桃源郷、蔵王温泉。
深山荘高見屋は、そのもっとも奥まった高台に純和風の佇まいをみせる寛ぎの宿です。
お客様ひとり一人にご満足いただくためのきめ細かなサービスと心配りと極上のお湯は、創業以来より変わらず老舗旅館ならではの「おもてなし」として代々引き継がれています。

〒990-2301 山形市蔵王温泉54
TEL(023)694-9333 FAX(023)694-2166

ホームページへ

深山荘高見屋

close

ホテルハモンドたかみや

お一人様から学生の合宿プランまで幅広く利用できる快適な宿は、蔵王の温泉街やゲレンデまで徒歩圏内というアクセスも魅力のひとつ。また長期滞在型ホテルとしても人気で、雄大な山々に囲まれた100%源泉かけ流しの温泉にゆったりと浸かり、温泉三昧もこの宿の醍醐味です。
心身ともにリフレッシュする、とっておきのひとときをお過ごしいただけます。

〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉上ノ代94-1
TEL(023)694-2121 FAX(023)694-2141

ホームページへ

ホテルハモンドたかみや

close

タカミヤヴィレッジホテル樹林

夏は緑あざやかな高原が広がり、冬は白銀の世界へと変わる。ホテルのエントランスを抜けたら、目の前がゲレンデという好立地も魅力的な高原リゾートホテル。
澄んだ空気とハーブにかこまれてリフレッシュする「JURINハーブガーデン」ではホテル専属のハーブコーディネーターがフレッシュハーブティーをお入れします。

〒990-2301 山形市蔵王温泉上ノ台814
TEL(023)694-9511  FAX(023)694-9517

ホームページへ

タカミヤヴィレッジホテル樹林

close

たかみや瑠璃倶楽リゾート

建築家・故丹下健三氏が手がけた設計と、工業デザイナー・奥山清行氏による家具のコーディネイト。世界に誇るふたりの意匠が融合した、真のラグジュアリーと心和ますホスピタリティ。山形から発信されるグローバルなリゾートスタイルをご体感いただけます。さらに屋外テニスコートも完備し、爽やかにアクティブにリゾート気分を満喫できます。

〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉三度川1118-7
TEL(023)694-2520 FAX(023)694-2521

ホームページへ

たかみや瑠璃倶楽リゾート

close

ホテルルーセントタカミヤ

四季折々の自然の色を愛でることができる宿は「ザ・メイン」、「セゾンコート」、「ザ・ゲスト」の3つの空間で構成されています。天然温泉や2箇所の貸切風呂もあり、客室は部屋の中に階段や吹き抜けがある寛ぎのメゾネットタイプやリラックスできる快適空間が自慢の倶楽部ルーム、ゆったりとした高級感のあるエグゼクティブルームなど潤いと寛ぎの空間で旅の楽しさをお手伝いいたします。

〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉942
TEL(023)694-9135 FAX(023)694-9519

ホームページへ

ホテルルーセントタカミヤ

close

西洋茶寮

5つのデザインで構成された9つの空間からは、湯野浜の海が望め、半露天風呂つきの白を基調としたスタイリッシュな空間やゆったりとすごすジャパニーズルーム、オリエンタルルームなど楽しさがあふれています。併設のレストラン「COVO di MARE」では、地元の旬の食材を活かしたフレンチ・イタリアンを、スパ施設では岩盤浴やプールジャグジーで非日常のひとときをお楽しみいただけます。

〒997-1201 山形県鶴岡市湯野浜1丁目25-1
TTEL:0235-75-2188 FAX:0235-75-2186

ホームページへ

西洋茶寮

close

高見屋別邸 久遠

開湯1300年のあつみ温泉。タカミヤホテルグループの別邸としてオープンした湯宿は、モダニズムの光を宿しながら、暖かな癒しを旅人にもたらすために生まれました。居心地の良さを追求した客室は、久遠倶楽部、湯めぐり倶楽部、旅倶楽部とフロアごとに異なり、旅人がもっとも自由になれる場所。柔らかなあつみの湯に包まれ、地元の美味しい食材を使った料理をご堪能いただけます。

〒999-7204 山形県鶴岡市湯温海字湯之尻83-3
TEL:(0235)43-4119 FAX:(0235)43-3644

ホームページへ

高見屋別邸 久遠

close

匠味庵 山川

1200年前に小野小町が開湯したという伝説が残る小野川温泉。タカミヤホテルグループに8つ目のホテルとしてオープン。気候風土豊かな米沢で育てられた日本三大和牛である米沢牛をはじめ、四季折々の食材を使った郷土料理でおもてなしいたします。そして、美人の湯としても名高い小野川のお湯に浸かり、特別室や和モダンの倶楽部ルーム、趣のある和室で自由にお寛ぎいただけます。

〒992-0076 山形県米沢市小野川町2436
TTEL:0238-32-2811 FAX:0238-32-2814

ホームページへ

匠味庵 山川

close

山の季

上杉藩ゆかりの名湯白布、温泉展望浴場と会席料理に旅の贅を楽しむ全11室の隠れ宿。
開湯700年、今も変わらず豊富な湯量を誇る、白布高湯温泉に癒され、白布と季節の旬を味わう会席料理と、米沢牛をご堪能ください。

〒992-1472 山形県米沢市大字関字清水裏3931-4
TEL:0238-55-2141 FAX:0238-55-2143

ホームページへ

山の季

close

高見屋 最上川別邸 紅

最上川のほとり、全室リバービューの温泉宿

タカミヤホテルグループ<旅館別邸>。山形県・戸沢村(最上峡エリア)に十番目の宿として、新しくOPEN。ロビー、お部屋、食事処、お風呂など全ての窓から風光明媚な最上川を望む、非日常な滞在を演出します。

〒999-6401 山形県最上郡戸沢村大字古口3058
TEL:0234-57-2100 FAX:0234-57-2105

ホームページへ

高見屋 最上川別邸 紅

close

高見屋 最上川別邸 紅

全7室、露天風呂付き客室

山形県・南陽市赤湯温泉の和みの私邸。7室すべてに専用露天風呂付き。もう一つの我が家で過ごすように、気兼ねなく、想いがかなうご滞在を。

〒999-2211 山形県南陽市赤湯740
TEL:0238-43-3020 FAX:0238-43-6458

ホームページへ

櫻湯 山茱萸

close

名湯舎 創

極上の「湯悦」に浸る。 じっくりと心和らぐ、名湯のひととき。

蔵王温泉に2017年にリニューアルオープンした和モダン旅館。老舗の雰囲気を残しながら、蔵王の地に新しい息吹を与えるようなデザインを心がけました。あたたかい木のぬくもりを感じながら、上質な泉質の名湯・蔵王温泉を源泉かけ流しでお愉しみいただけます。山形の名物料理を気軽に味わえる種類豊かなお食事。全室禁煙で女性にも安心の湯宿です。

〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉48
TEL:023-666-6531

ホームページへ

櫻湯 山茱萸

close

close

 

享保元年(1716年)12月、初代当主岡崎彌平治による高見屋旅館創業以来、タカミヤホテルグループは約300年に渡り、お客様のために、地域のために、きめ細かなサービスと心配りと極上のお湯を守ってまいりました。先人が残した老舗としてのおもてなしと、大切な湯を継承しながらいつの時代も皆様に求められる旅館であり続けます。十六代目当主 岡崎彌平治

特集ページ

夏特集

2017.07.06
蔵王アクティビティ

夏特集

2017.09.01
紅葉のおもてなし

蔵王温泉 名湯舎 創オープン

2016.12.31
蔵王温泉 名湯舎 創オープン

湯の宴

2016.10.05
湯の宴

トピックス

  • 2017/09/02

    ~紅葉のおもてなし~高見屋グループ☆秋の行楽フェア☆

  • 2017/07/03

    山形夏旅!アクティブサマーフェアのお知らせ

  • 2017/03/19

    山形の春を満喫する、おいしい温泉旅を♪タカミヤホテルグループ「春の美食フェア」

  • 2016/12/30

    蔵王温泉にNEW OPEN ~ 名湯舎 創 meitoya so ~ 

  • 2016/12/28

    自分へのご褒美に!湯ったりぜいたくな旅

新着情報一覧へ

st_fb

情報配信希望の方は「ページにいいね!」をお願いします

日本旅館

  • 蔵王温泉深山荘高見屋
  • 米沢白布温泉 山の季
  • 赤湯温泉 櫻湯 山茱萸

源泉湯宿

  • 戸沢草薙温泉 高見屋 最上川別邸 紅
  • 庄内あつみ温泉 高見屋別邸 久遠
  • 米沢小野川温泉 山川
  • 蔵王温泉 名湯舎 創

ホテル&リゾート

  • タカミヤ湯の浜テラス 西洋茶寮
  • 蔵王温泉 たかみや瑠璃倶楽リゾート
  • 蔵王温泉 タカミヤヴィレッジ ホテル樹林
  • 蔵王温泉 HOTEL ルーセントタカミヤ
  • 蔵王温泉 ホテルハモンドたかみや
会社名名湯一門高見屋グループ(タカミヤホテルグループ)
株式会社 高見屋旅館/ミツヤ商事株式会社
戸沢村観光振興株式会社/有限会社 ホテル山川
有限会社 旅舘櫻湯/観光創造ファクトリー株式会社
本社所在地〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉54
電話番号TEL: 023-694-9333 FAX:023-694-2166
メールアドレス(代表)thg@zao.co.jp
代表者岡崎彌平治
創業1716年12月

沿革